【社長インタビュー】エンジニア歴22年の代表が「eSign」設立に込めた想い

実は、社会人としてのキャリアのスタートはIT業界ではありませんでした。

熊本県の高専を卒業し、エレベーターの点検会社に4年程勤務しました。エレベーターの故障を未然に防ぐ意義のある仕事ではあるものの「何かを作り上げる仕事がしたい!」と考えるようになり、ちょうどその頃、世の中が1人1台パソコンを持つ時代を迎えたのをきっかけに、高専で学んだプログラミングの経験を活かそうと、IT業界に飛び込みました。

とはいえ、当時の私はコピー&ペーストのショートカットキー操作も知らないレベル。様々な案件を経験してレベルアップをしたいと考えて、選択したのはフリーランスのエンジニアでした。8ヶ月くらいの短期スパンでまったく知らない環境に入って、人間関係を一から作るところからはじめ、様々な環境でシステム開発案件を経験する。という状態を30歳まで繰り返し続けました。土日も休みなく、平日夜も睡眠時間を削り、必死で本を読み漁って勉強しました。大抵の人には負けないプログラミングの知識がついた頃、「フリーランスとして今後どう生きていくか」について、考えました。

当時は功序列を覆すのが難しかった大企業の社員にはなりたくなくて「大企業付きのフリーランス」というポジションを目指して参画したのが大手キャリア企業の案件でした。法人営業部のセールスエンジニアを経験した後、会社の基盤システムを開発部門に参画するなど、多くのプロジェクトに携わらせていただきました。これまでの経験を最大限活かして、どう生きていくかを真剣に考えた末、38歳で株式会社eSignを立ち上げました。

大企業付きエンジニアから起業したきっかけ

フリーランス時代の自分を振り返ると、成長できる案件を選んで経験を積み、キャリアアップし続けた結果、エンジニアとしてある程度のポジションを獲得できた自分がいました。

一方、参画してきた案件において一緒に参画した他のエンジニアを見ると、会社から与えられた案件への参画、与えられた業務・役割をこなす、という状況の方が多く、自身の思うような成長ができていない人が多い環境でした。例えば、プログラミングをやりたくてもテスト作業しか担当させてもらえなかったり、リーダー経験を積みたくても上司や先輩がいるのでポジションに空きがなく任せてもらえなかったり。そんなエンジニア達を見ていて「やる気やポテンシャルがあるにも関わらず、会社都合で仕事を選べなかったり、成長する機会をもらえなかったりするのはもったいない! エンジニア達の成長を妨げない、積極的に成長できる環境を用意してあげたい!」と思ったのが、会社を立ち上げた動機です。

2015年の1月に起業を決意し、3月には株式会社 eSignを設立しました。eSignのeは「エンジニア」、Signは「道しるべ・指針」を意味します。会社としてエンジニアの「道しるべ」でありたい。エンジニアの成長する指針を一緒に考え、一人一人が成長できるような育成をメインとした会社でありたい、という想いを社名にを込めました。

eSignの特徴・企業文化

eSignは「どの現場でも必要とされるデキるエンジニアの育成」を企業ミッションに掲げ、エンジニアの成長を最優先に考えた多種多様な福利厚生・社内制度を用意しています。

エンジニアにとって、eSignは「フリーランスと正社員のいいとこ取り」な会社といえると思います。一般的な会社のような堅苦しいルールや上下関係がなく、風通しがよい社風。かといって放任ではなく、それそれのメンバーが理想のキャリアを叶えるために、一人ひとりにあったキャリア形成を丁寧に、継続的に支援しています。

「インフラエンジニアじゃないとダメ」「アプリ経験者じゃないとダメ」といった制限は一切ありません。eSignに来てくださったエンジニアには、その人に合ったレベルアップできる案件を紹介し参画してもらいます。案件参画したうえで、エンジニアがいい実績を積み上げていくためにはどのようなPRの仕方、動き方をしていくのが一番ベストなのかを一緒に考えていきます。eSignならではのオーダーメイドな成長戦略といえると思います。これは一時的なサポートではなく、エンジニアが成長し続けるために継続的に行っています。

具体的には、エンジニアが案件に参画した後も定期的に打ち合わせを行い、案件先がどんな組織なのか、どんな業務を担当しているのか、自分の担当業務以外の業務以外にはどういったものがあるのかなど、エンジニアから案件先の状況をヒアリングしたうえで「自身のレベルアップのためにつなげていくために、こういう実績を積んでいこう」「案件先としてこういった動きを期待されているかもしれないから、準備してPRいこう」など、エンジニアの案件先でのレベルアップや、必要とされる人材と思われるためのPRの仕方などを一緒に考えていきます。どんな案件においても必要とされるエンジニアになるにはIT技術だけではなく、技術以外のコミュニケーションスキルやPRスキルも重要です。そのため、スキル面だけでなく、いろんな経験を通じて人間力の成長もサポートしています。eSignの支援制度の詳しい内容については「福利厚生/社内制度」の記事をご覧ください。

外から見たeSignは、風通しのよい会社だと言われます。社員同士の仲がいいですし、私とメンバーとの距離が近いからだと思います。私が経理・営業・社員フォローなどを全部やっていることもあり、普段から一人ひとりと話す機会が多いので、立場関係なく話しやすいと感じてもらっているのではないでしょうか。とはいえ、私と仲良くなるというよりは社員同士が仲良くなることを大事にしていて、そのために「誕生月末体験チャレンジ」など様々な福利厚生を活用してほしいと思っています。また、トップダウンだけではなく、メンバーから提案する場を大切にしています。ありがたいことに、昨年実績で社員の定着率は約9割でした。メンバーにとって働きやすい環境を提供できているのかなと思います。

メッセージ

eSignのメンバーには、どんな現場に行っても実力が発揮でき、必要とされるエンジニアになってもらいたいですね。
そして、いずれはエンジニアの世界にとらわれず、自分のやりたいことで収入を得られるような幅広く楽しい人生を送れる人になってほしいと思っています。

eSignではエンジニアが成長するためのチャンスや環境をたくさん用意していますので、新しく入られる方は「eSign」を最大限活用し、エンジニアとしての技術だけでなく、いろんな経験を経て人脈や人間力も成長していってください。

eSignのエンジニア採用に興味をもったら…